マツダMPV 燃費・口コミ評価

マツダMPV 燃費・口コミ評価 《ミニバンランキング》

マツダMPVへの買い替え・乗り換えで数十万円得する!簡単な方法はこちら!

 

1990年、国産のミニバン創成期に生まれたマツダMPVは、当初から北米向けの車種でありワイドなボディが特徴でした。多くのライバル車が大きな室内空間を求めて全高を高くしているのに対して、当初から高速道路を長時間走れるような設定にしていることからやや天井が低めの設定で、その分重心が低く安定した走りをすることが出来ます。現行版は2006年に登場、当時このスタイルでスライドドアを採用していたのはマツダMPVが唯一でした。

 

マツダMPVの口コミ評価

@ワイドなボディに低重心で走行安定性良
Aスライドドア採用で乗降しやすい
B2列目はスーパーリラックスシートに変化できる

 

マツダMPV 燃費・口コミ評価

車両重量が1700キロ級であるだけに、パワフルな加速や低燃費などからはかけ離れてしまいますが、それでも走行安定性はマツダの得意分野でもありトップクラスと言えるでしょう。室内は3列目はそれほど広くないものの、2列目をスライドさせてオットマンと大型ヘッドレストを組み合わせればスーパーリラックスシートが完成。くつろげる車内となることでしょう。また、3列目シートは床下に小さく収まる格納式となっており、ラゲッジスペースを広げることが出来ます。

 

さらに電動復帰機構を採用しており、女性でも簡単に格納と復帰作業が可能です。インパネは決して派手ではなく先進性こそ控えておりますが、ダイヤル式の空調機能など扱いやすさが魅力です。また、運転席からの視点がセダンのように低いというのも大きな特徴です。このように、マツダMPVは近年登場しているミニバンの中ではやや派手さは無いものの、走りをとことんまで磨いているという面で高い完成度を誇ると言えそうです。

 

マツダMPVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見!!

マツダMPV 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

11.0km/L(23S FF車)

4860×1850×1685

5.7m

マツダMPVへの買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見!!